資生ケミカル株式会社

  • English
  • よくある質問
  • アクセス
  • お問い合わせ

資生ケミカルを彩るスタッフ

お客様の製品と、その製品をつかう全ての人々のために思いを込める資生ケミカルの人々を紹介します。

工場製造部 充填包装グループ
倉田 信弘

製品の品質確保、安定供給、生産コストの低減を考えてのものづくり

ヘアカラー剤のOEM製造会社としてグループ会社を併せて、業務用ヘアカラーのシェアナンバー1の強みを誇りとして日々努力し続けています。
ヘアカラー剤は色数が非常に多いため、製造にあたり苦労する部分もありますが、お客様一人一人がお好きな色にカラーリングされ、笑顔になれるお手伝いが出来るものと信じ仕事に励んでいます。

倉田 信弘

一方、ヘアケア製品は中味形状、容器形状、容量、包装形態等色々あり、形態に応じ幅広く充填・包装の対応を行っています。その為にも製品の品質確保、安定供給、生産コストの低減はものづくりの永遠のテーマと考え、全従業員一丸となって取り組んでいます。

業務用製品の他に一般向け製品で店頭に並んで販売されている商品も取り扱っています。

その商品を店頭で見かけると私達が作ったものか気になってすぐ手に取って見てしまいます。私達が作った商品であれば、全部買い占めたい気持ちになることもなります。
これからも多くのお客様にご満足頂けるようヘアカラー製品、ヘアケア製品を作り続け、全従業員が一丸となり、笑顔の人をもっともっと増やせられるようがんばり続けて参ります。

工場製造部 調合グループ
藤田 仁

信頼を築くために・・・

私の仕事は主としてプロフェッショナル ヘアケア製品の中味を製造する「調合業務」です。お客様が思い想いに形にした製品の原料秤量→調合→取り出しまでを行っています。製造部では各グループそれぞれ役割があり、一つの製品を造り上げるために、多くの人の手を介します。

藤田 仁

入社して20数年経ちますが、今でも日々新たな気づきがあります。化粧品を自分の手で創っている瞬間が大好きで、私から調合を取ったら何も残らない。そういっても過言でない位、私は調合に魅了されて育ってきました。いや育てられたといったほうがよいです。
調合は、製品の中味に直接携わる業務のため、特に細心の注意が必要となります。

原料は、秤量システムの指示の下、先入れ先出し、誤差ゼロでの秤量が行われています。製造工程は、製品、製造量、製造釜毎に工程フローシートがあり、「撹拌速度・時間・温度」×ダブルチェックによる原料投入によって、一定の製品創りを行っています。私たち調合グループでは「安全・安心・高品質×確かな技術と情熱をもって製品創りに取り組む!」を合言葉に知識・技術向上のため研究開発、品質技術グループと連携を図り、勉強会・意見交換会を行うなど積極的に行動しています。

私たちが何を創っているのか?そう問われた時に、お客様の幸せを創っていると堂々と言える集団を目指しています。お客様の幸せを創るのであれば、お客様に喜んでいただかなければなりません。

確かな技術と情熱で、お目にかかる事のないであろうお客様の幸せを想像し、「安全・安心・高品質」な製品を提供する事で信頼を築いていきたい・・・そう願い製品と向き合い日々業務を行っております。

品質技術グループ
広瀬 光若

彩ゆたかな喜びを・・・

2012年8月に私ども資生ケミカルは、彩の国所沢市から15kmほど離れました新たな工業団地に生産拠点を移しまして、30年培って参りました所沢工場での技術をもとに新たな化粧品GMP工場として生まれ変わりました。
品質技術グループでは、お客様とのたしかなチームワークで、大切な商品を徹底した化粧品GMP管理のもとで生産できるように日々品質と技術の管理に取組んでいます。

広瀬 光

品質技術グループのメンバーの一日の始まりはユーティリティー設備のチェック、精製水のチェックから始まり、生産品の物性値確認、最終製品の出荷検査、原材料チェック等々取り組んでいます。

お客様の大切な商品をお預かりし、出荷するまでの徹底した管理はまさに緊張の連続ですが、そのなかにお客様と共に彩ゆたかな喜びを分かち合えたら良いなと思い続けています。

化粧品の生産は多くの人々のチームワーク、多種多様な生産設備、それらに最適な環境を維持するユーティリティー設備等々により成り立ちそのなかで品質技術グループは、お客様に確かな技術と安定した品質をご提供し続けるよう日々邁進中です。

狭山丘陵の自然あふれる工業団地から良いものづくりを目指して、喜びのあるものづくりを目指して、そして毎日が新たな発見の場であったら良いなと挑戦しています。

品質保証グループ トータルサポート室
虻川 大次郎

お客様との信頼関係を第一に、良きOEMパートナーとして
本当に良かったと感じて頂ける会社を目指して

品質保証グループ トータルサポート室はお客様との直接的な対応を行う為に新たに設置された部門になります。
各メーカー様がお持ちの夢や希望を形にする為に話を伺い研究開発グループへの連絡のやり取りや工場製造部への落とし込み、商品の出荷した後まで全てをサポートいたします。

虻川 大次郎

私は入社してから工場製造部、充填包装グループに24年間携わってまいりました。 その中で得た知識や経験を生かして間違いの無い高品質なヘアケア商品、ヘアカラー商品をお客様へお届けして行きたいと考えております。

お客様の御希望以外にも研究開発グループで新規商材を開発した際にはご提案会なども開催し少しでもヘアケア市場、ヘアカラー市場の活性化に繋げて行けるOEMメーカーを目指して行きたいと願っています。

OEMメーカーとして長年培ってきたプロ用ヘアカラー剤やヘアケア商品を今後もご提案し続けて頭髪化粧品業界の良きパートナーとして皆様のお役に立ちたいと思います。

研究開発グループ
松本 祐太朗

化粧品は幸せ

私たちの仕事は、お客様のご要望に合わせてスピーディーに、ご満足いただけるアイテムをご準備することです。
私たちは研究開発という仕事に誇りと責任感を持ち、よりたくさんの夢や幸せが創り出せるよう、日々進化を心がけています。その為、常に探究心を持ち、今まで見たことのない効果を求めています。製品をゼロから創り出すことができ、お客様に評価を頂き、ご満足頂くまで繰り返します。私はこの仕事が好きです。

松本 祐太朗

化粧品の開発において、お客様と言葉でやり取りをしますが、実際は感覚の部分になります。お客様のご意見からイメージし、形として物を創り、お客様の感性に訴えかけます。考える力、行動する力、チームワークを最大限利用し、お客様の夢や幸せのサポートが出来ればと考えております。

資生ケミカルはOEMメーカーです。私たちの開発した製品は様々なお客様の元で磨き上げられます。そしてさまざまな方にお使い頂けます。私は化粧品は幸せを運ぶ媒体と考えております。私自身、化粧品を使うことでコンプレックスである部分がカバーできたり、気分を変えることもできます。

私たちのサポートでこの世の中に少しでも多くの幸せを生み出すことが、私の幸せであり使命だと感じています。
私は幸せを感じながら幸せを生み出し、少しでも多くの幸せを創るお手伝いができるよう、資生ケミカルだからこそ作れる化粧品を皆様に、ご提供していきたいです。